前のページへ戻るお申し込みはこちらから

ウィルスについて

インターネット上のウイルス感染の多くがメールによるものです。メールによるウイルス感染を防ぐ方法としては下記の対策が必要です。

不審なメールを受信した場合はメールを開かない
内容の不明な添付ファイルは絶対に開かないで削除する
かつぬまケーブルネットでは、メールによるウイルス感染を防ぐためにウイルスメールを検知・駆除するサービスを行なっております。
また、かつぬまケーブルネット加入者の方対象に必然的に機能しますので、ユーザーの皆様は面倒なお申し込みや設定の必要はありません。
※このサービスは、かつぬまケーブルネットのメールサーバで送受信するメールが対象です。
※新種のウィルス等、全てのウィルス検知・駆除を100%保証するサービスではありません。

ウイルスチェックソフトのウイルス定義を常に最新の状態にしておく
各ウイルスチェックソフトのご利用方法をご参照ください。 パソコンを買った時からウイルスチェックソフトがインストールされている場合は使用期限があります。かつぬまケーブルネットではウィルス対策ツール「SaAT Personal」をご用意しておりますのでご利用下さい。ご契約・インストール後は自動更新となりますので、使用期限の心配もございません!詳細は →こちら

Explorerの脆弱性を除去したバージョンにバージョンアップをする
WindowsUpdateを定期的に行なってください。 →WindowsUpdateの方法

ウィルス情報

最新のウィルス情報をご確認下さい
>> トレンドマイクロ社
>> シマンテック
>> 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)

WORM.SOBIG.F(ソービッグ エフ)
Windows 95, 98, ME, NT, 2000, XPのOSをお使いの方に、メールの添付ファイルとして届き、その添付ファイルを実行することにより感染します。 感染すると大量のメール(ウイルス添付)を送信します。 他のファイルへの感染活動はありません。かつぬまケーブルネットでは、メールによるウイルス感染を防ぐためにウイルスに感染しているメールを検知・駆除するサービスを行なっております。

W32/MSBlaster(ブラスター)
下記のOSをお使いの方で、WindowsUpdateを行っていない場合は、このウイルスの影響を受ける恐れがあります。  WindowsXP/Windows2000/WindowsNT/Microsoft Windows Server 2003

このウイルスはメールの添付ファイルからではなく、パソコンのOSが上記の場合にインターネットから直接アクセスして感染するタイプのウイルスです。かつぬまケーブルネットのお客様はCATVインターネット外部からのアクセスによる感染の可能性はありませんが内部からの感染の可能性を考慮して、現在、ポート番号135の双方向の通信を停止しております。

前のページへ戻る 戻る


TOP | 加入案内 | 申し込み | FAQ | 加入者用サービス | 加入者サポート | サイトマップ


かつぬまケーブルネットは勝沼CATVに加入されている方対象
お問い合わせ 0553-39-8822/info@katsunuma.ne.jp