前のページへ戻るお申し込みはこちらから

CGI設置

 


お客様独自に設定したCGIのご利用方法

注意事項
・ファイル名の拡張子は.cgiに限ります。
・使用言語はperlに限ります。
・perlの指定パスは/usr/local/bin/perlとしてください。
※最初の1行が#!/usr/local/bin/perl以外の場合はエラーとなります。
・CGIはオーナー(ホームページ所有者)権限で動作します。

設置方法
①ファイルをアップロードする(ASCII転送モード)

②アップロード先のフォルダ(ディレクトリ)は、/usr-cgi としてください。
・このディレクトリのパーミッションを755に変更して下さい。
・FTPツールの”chmod”メニューで該当のディレクトリにアクセス権を与えてください
・Group、Otherに対して書き込み(Write)権利を与えると実行エラーとなります。

③アップロードしたCGIのパーミッションを700に変更する。
・FTPツールの"chmod"メニューで、以下のように該当のファイルに実行権を与えてください。
・CGIはオーナー(ホームページ所有者)権限で動作しますので、下図の設定が一番セキュリティが高い設定です。
※Group、Otherに対して書き込み(Write)権利を与えると実行時にエラーとなります。
※Group、Otherに対して読み込み(Read)権利を与える必要があれば与えてください。
※Group、Otherに対して実行(Execute)権を与えても構いませんが意味がありません。

データファイルについて
※CGIが参照・更新するデータファイルのパーミッションを700とすることによりセキュリティは格段に向上します。
※CGIが参照するデータファイルは、なるべくCGIと同じディレクトリか下位のディレクトリに設置してください。

その他のプログラムの参照パス
sendmail /usr/local/bin/sendmail
uuencode /usr/local/bin/uuencode
nkf /usr/local/bin/nkf

起動方法(例)
http://www.katsunuma.ne.jp/~○○○/usr-cgi/□□□.cgi
ご注意
①お客様が作成されたCGIスクリプトの内容についてのサポートはできません。
②お客様のCGIのCPU、メモリーなどのリソース使用については制限があります。
・無限ループなどの暴走は回避できます。
・通常のCGIの実行上の支障はありません。
③他のサーバーとのSocket等による通信はできません。
④Telnet、sshなどの通信ツールからのログインはできません。
⑤以下の禁止事項をよくお読みください。

禁止事項
お客様のCGIの動作について以下の行為を検出した場合、直ちに該当のお客様のインターネットサービスを停止します。
(a)ウイルス・ワームなどの移植行為、その他インターネット全体に及ぶ破壊行為
(b)他のお客様のデータの破壊・改竄などの行為
(c)その他、弊社が弊社のサーバー運営に支障があるあるいは不適切と判断する行為
※CGIをアップロードするお客様は、上記ルールに同意されたものとみなします。

SSI

使用できません。

SSL

ご利用頂くことができません。

前のページへ戻る 戻る


TOP | 加入案内 | 申し込み | FAQ | 加入者用サービス | 加入者サポート | サイトマップ


かつぬまケーブルネットは勝沼CATVに加入されている方対象
お問い合わせ 0553-39-8822/info@katsunuma.ne.jp